女性ホルモンを増やす方法でピチピチなお肌が甦る

どんな症状が出るのか

下を向く女性

体調が悪いと感じたら

女性ホルモンのエストロゲンが少なくなる40代から50代にかけては、更年期と呼ばれます。エストロゲンが少なくなることで、イライラやのぼせ、身体が冷えるなどの不調が現れます。病院に行って適切な治療を受ける事が重要ではありますが、更年期障害に適している薬とは、一体何なのでしょうか。更年期障害の治療法として、最も主流だと言われているのが、ホルモン補充療法です。女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少する事で、更年期障害の症状が出ますので、エストロゲンを補充する事で、症状の軽減を図ります。エストロゲンを増やす薬には、錠剤や貼り薬、塗り薬などが挙げられます。また、それ以外にもエストロゲン黄体ホルモン配合剤も薬として挙げられます。黄体ホルモンは、子宮内膜の増殖を防いで、子宮体がんを予防する目的で使用される薬です。女性の場合は、エストロゲンだけを投与する事で、子宮体がんになるリスクが高まるために、黄体ホルモンも併用されます。一般的な薬ですと、何となく副作用が気になると言う人は、病院で相談をすることで漢方療法に切り替える事も可能です。漢方療法は、症状を取り除きながら、ホルモンが少なくなっても対応する事が出来る身体を作っていくのが目的です。即効性は無いものの、長く飲み続ける事が重要です。何よりも副作用が少ないというのがメリットです。帰芍薬散エキス顆粒や加味逍遥散エキス顆粒などが治療として用いられます。更年期障害かもしれないと感じましたら、適切な治療を受けて、自分に合った薬を処方してもらいましょう。