女性ホルモンを増やす方法でピチピチなお肌が甦る

より効果的な摂取法

独自のコーティング技術でしっかり成分を腸まで届けることが可能になったライオンのラクトフェリンは、どんなタイミングで飲んでも効果を発揮する画期的なラクトフェリンです。しかしかみ砕いてはせっかくの技術が意味を成しません。正しい飲み方で続けてこそ効果が出ることを知っておきましょう。

どんな症状が出るのか

更年期障害かもしれないと感じましたら、病院で適切な治療を受ける事が大切です。薬は主にエストロゲンと黄体ホルモンを増やすものがメインではありますが、副作用が気になる人は、漢方薬を用いた治療法もあります。

配合に注目する

更年期の症状緩和に漢方が配合された健康食品を利用する人も多くいます。効果を実感するためには、自分の不快な症状どんなものなのかを良く知っておいたほうが、症状を軽減させるものを選ぶのに役立つといわれています。

エストロゲンのサプリ

悩む女性

更年期になったらする事

女性にとって大事なのが女性ホルモンのエストロゲンです。更年期障害の原因が、エストロゲンが少なくなることです。閉経が近くなると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌されるエストロゲンの量も低下していきます。その変化についていけずに、身体や心に変化が起こるのが更年期障害です。更年期障害の症状は、軽い冷えや不眠やほてりなどから、重いうつ状態まであります。更年期障害対策をするために、女性ホルモンを増やす方法を実践することが大切です。更年期外来ではエストロゲン薬を処方してもらえるので、女性ホルモンを増やす方法が分からない場合にお勧めです。ただし、病歴や体の状態等によっては、エストロゲン薬が服用できない場合があります。その場合は、エストロゲンのサプリメントがお勧めです。エストロゲンのサプリメントは沢山市販されていて、誰でも手軽に女性ホルモンを増やす方法として人気です。イソフラボンのサプリメントは、エストロゲンと似たような働きをします。大豆加工食品からもイソフラボンが摂れますが、サプリメントなら手軽に補えます。同じように高麗人参や田七人参も、エストロゲンと同じ働きをするので女性ホルモンを増やす方法の一つです。高麗人参も田七人参もサポニンが豊富です。サポニンには血行促進作用があり、更年期の冷え症改善に効果的です。また、高麗人参にはジンセノイドという強力なサポニンが含まれています。ジンセノイドには精神安定作用があり、更年期の不安やイライラに効果があります。